So-net無料ブログ作成
舌下減感作療法 ブログトップ

「シダキュアスギ花粉舌下錠」製造販売承認を取得 [舌下減感作療法]

鳥居薬品株式会社さんが、新たなスギ花粉治療薬を開発しました。
シダトレンは冷蔵保存が必要でしたが、今回の新薬は常温保存が可能で、効果も高くなっています。
自分の花粉症は完治していますが、薬は毎日飲み続けています。
治療を始める前に「3年以上飲み続ける」みたいな誓約書を書いています。
P_20171008_064936_HDR.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

舌下減感作療法継続中 [舌下減感作療法]

花粉症を根本から直すために舌下減感作療法を始めて、1年半が経過。
当初は2週間分のシダトレンしか処方されませんでしたが、最近は2ヶ月分を処方してくれるようになりました。2ヶ月分で薬の自己負担額は2,300円。
昨年は花粉症の症状はありませんでしたが、3年は継続しないといけません。
花粉症の症状を抑える市販薬は数多く販売されていますが、口が乾く、眠くなるなどの副作用があります。また、薬を飲まないと鼻水が出て眠れなかったり、一日に使うティッシュの量が膨大になります。
花粉症にならない体質にしてしまえば、上記の問題から解放されます。
花粉症対策の市場もありますが、経済損失もあります。
IMG_20170219_213411[1].jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

舌下減感作療法2年目 [舌下減感作療法]

現在、花粉飛散のピークですが花粉症の症状は出ていません。
昨年は飛散量のピーク時に症状が出ましたが、今年は鼻水が全く出ません。
シダトレンを1年半飲み続けてますが、かなり効果を実感できています。

シダトレン1ヵ月分
CIMG3692.JPG


舌下減感作療法のメリット・デメリット

メリット
・花粉症にならない体質にすることができる。(完全に治る人、症状が軽くなる人も合わせて8割~9割ほど)
・鼻水をかむティッシュの量を激減させることができる(ピーク時は1日1箱消費していた)
・鼻炎薬を購入する必要がなくなる(喉の渇き、睡眠作用などの副作用もなくなる)
・よく眠れるようになる

デメリット
・3年間毎日薬を服用しなければいけない
・最初の1年間は2週間ごと、1年後は1ヵ月ごとに通院しなければならない
・薬を冷蔵保存しなくてはいけない(現在錠剤タイプを開発中)

鳥居薬品は素晴らしい薬を開発してくれました。
http://www.torii-alg.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

シダトレンを飲み続けて8ヶ月 [舌下減感作療法]

花粉症の症状はないため、薬の効果は実感できず。
最低3年間は飲まないといけないから、まだ2年残ってます。
かかりつけの内科では舌下減感作療法を行っている人は10人で治療する人は増えていないそうです。
1回の診察料は700円。薬は2週間分で約900円。月に3,200円必要になります。
1年で4万円くらいかかります。
時間も消費します。先週金曜に診察に行ったときは1時間45分も待たされました。
診察せずに薬だけ処方してもらうこともできるそうですが、別に診察料が安くなるわけではないので診察をしてもらってます。

自分はハウスダストやダニアレルギーももっているので、花粉症は治っても日常生活で鼻水が出なくなる訳ではなさそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

臨床試験結果を上回る効果 [舌下減感作療法]

現在花粉の飛散量はピークに差し掛かってます。
花粉症の症状はというと、鼻水がわずかに出る程度で生活への支障はありません。
例年は鼻水が出続けるため、鼻に栓をしたり内科で薬を処方してもらったりしていました。
鼻水が詰まって眠れない事もありましたが、今年は皆無です。

内科の先生の話ではシダトレンは2年目から効果が表れるとの事でしたが、半年で効果が実感できています。
花粉症の症状日記をつけるように言われているので、「少し鼻水が出た」など適当に書いていました。
病院に持っていったら先生がコピーして資料として残して頂けるそうで、鼻水日記が参考になるなんてうれしかったです。
薬は飲み続けるため、来年はさらに改善が期待できそうです。
製造元の鳥居薬品のHP
http://www.torii-alg.jp/allergy/immunotherapy.html

こんなに良い薬なのに認可が遅れた背景として、花粉症ビジネスが関連していると私は睨んでます。
虫歯にならなくする薬も開発されているのですが、なぜか商品化されないのです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

じゃばらドリンク [舌下減感作療法]

和歌山県へ旅行に行ったので、じゃばら果汁のジュースを買ってきた。
花粉症の症状を抑える効果があるとか。
花粉症の「症状」を緩和だから、花粉症の季節に飲まないと効果がないらしい。
でも早速飲みます。
複数の治療方法を組み合わせると、何が効いたか分からなくなってしまうというのもある。

花粉症に効くと言われている食べ物はいろいろあって、うずらの卵もその一つ。
風疹のワクチン等には、アレルギー反応を起こしにくいことから、うずらの卵が使用されている。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

順調 [舌下減感作療法]

毎日スギ花粉エキスを服用しています。
スギ花粉エキスの服用量が増量期から維持期へ突入し、濃度が高まったことでスギの味が感じられるようになりました。
舌がしびれるなどの副作用もなく順調です。
今年の花粉症から症状が軽くなるといいのだが。

ちなみに薬の代金は3週間分自己負担 1,100円程度なので金銭的には続けられそうです。
スギ花粉エキスは冷蔵庫保存をしなければならず、舌の下に置きやすく、常温で保存可能な錠剤タイプを現在開発中だそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

アレルギー血液検査結果 [舌下減感作療法]

今日病院へ行って、血液検査の結果を聞いてきました。

スギ花粉のアレルギーが一番強く、他にもイネ、ハウスダスト、ダニなど計6種類のアレルギーを持っている事がわかりました。自分が認識していたのはスギ花粉だけだっため、意外でした。

スギ花粉のアレルギーを持っている事が分かったため、薬が処方され病院内で服用しました。服用してから30分間病院内で異常がでないか様子をみてから、再度診察がありました。
1回目の服用は無事に終わりました。

来年の花粉が飛ぶ時期ま3ヶ月あるので、多少症状が緩和する事を期待します。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症の思い出 [舌下減感作療法]

私の花粉症歴は30年です。
今から20年前は、花粉症についての周囲の理解が乏しく奇病扱いされました。薬を飲んでも副作用はありましたが、鼻水は出続けて大変な思いをしました。現在では眠気を抑えて鼻水を長時間止めることができる薬が市販されていて、とてもいい時代になりました。

お医者さんにより様々な薬を処方され、いっぺんに飲むため何が効いたのか分りませんが、処方された内服薬を列挙しておきます。

リザベンカプセル
オノンカプセル
ザイザル錠
プレドニゾロン錠

オノンを飲むと鼻水が止まりました。花粉症の季節に一生飲み続けるのは負担になるため、根治しようと決意しました。 
タグ:花粉症
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

花粉症にならない体質にする [舌下減感作療法]

今年からスギ花粉症を体質改善により治すことができる薬が保険適用されました。
鳥居薬品の「シダトレン」という薬です。
これは舌の下にスギのエキスを2分間置いた後飲み込み、アレルゲンに体を慣らしていくという治療方法です。これを毎日最低3年間続けなければいけません。以前はスギのエキスを注射するという治療方法しかなかったため、病院へ頻繁に通わなければいけませんでした。
この治療方法なら2週間に1度病院へ行けばいいのです。
薬の値段は7日分で430円くらいでしたので、保険適用で1日20円くらいになりそうです。
治療の初めどんなアレルギーをもっているか検査するため、血液検査をする必要があります。
これが保険適用後、7000円かかりました。

今月から治療を開始していきますので、新薬の効果を報告していきます。
ちなみに完治する人は治療者のうち1~2割、症状が軽くなるのは7割~8割、全く効果がないのは1割~2割らしいです。完治を目指して頑張ります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
舌下減感作療法 ブログトップ