So-net無料ブログ作成
新規事業アイディア ブログトップ
前の10件 | -

うずら卵の高級ブランド案「砂浴び卵」 [新規事業アイディア]

うずらを平飼いにして、砂浴びを好きなだけできるようにします。
うずらのストレスが少なくなることから、おいしい卵が産まれると思います。
パッケージには、産んだ鶉の名前と写真、卵の模様を掲載します。
一羽のウズラからはほぼ同じ模様の卵しか産まれないので、ブランド偽装ができない事になります。
卵の価格は1個100円くらいで。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

いなり寿司に忍術をかける [新規事業アイディア]

とよかわブランド に、「豊川いなり寿司」と、「とよかわうずら缶」があります。
この二つのブランドを組み合わせた新商品のアイディアです。
具体的には、稲荷ずしの中にうずらの水煮を入れる(隠す)だけです。
キャッチコピーは、「豊川いなり寿司に忍術をかけました」
「うずら隠れの術」を基にした商品です。
稲荷ずし.png
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

粟穂鶉のとよかわうずら缶 [新規事業アイディア]

東三河ビジネスプランコンテストに応募していた3件のビジネスプランが落選しました。
アイディア部門に応募した「粟穂鶉のとよかわうずら缶」を紹介します。

テーマ名
「豊川稲荷の隠されたストーリーを商品化!粟穂鶉のとよかわうずら缶」

ストーリー
江戸時代、豊川稲荷の本堂(現:奥の院)の総建築を請け負ったのが、諏訪の宮彫り大工「立川和四郎富昌」という人です。
立川和四郎富昌が手掛けた建築物や山車には全てと言っていいほど、「粟穂鶉」の彫刻が彫られています。
豊川稲荷には、富昌が彫った2点の粟穂鶉の彫刻が寺寶館(現在休館中)に収蔵されています。
そして2017年1月、とよかわうずら缶がとよかわブランドに指定されました。

江戸時代と現代で共通する「鶉」を商品パッケージにして、豊川稲荷参拝のお土産にするプロジェクトです。
うずたま缶 完成..jpg
うずたま3缶パック-完成.jpg

パッケージイラスト制作者:林山キネマさん

「粟穂」と「鶉」は縁起の良い組み合わせですから、縁起担ぎとしての需要も見込めます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

火縄銃の銃弾探しツアー [新規事業アイディア]

愛知県新城市は長篠設楽が原の戦いが行われた地であり、合戦では3000丁の鉄砲が使われたとも言われています。
これまでに設楽が原と長篠で見つかった火縄銃の銃弾は30数発らしいです。(2017/9/16 新城市設楽原歴史資料館に確認)
平成24年時点で、38発が見つかっとの記事もあります。
新東名の工事では7発の銃弾が見つかったと聞きました。この銃弾を探すツアーを企画したら面白そうです。

ツアー行程案
新城市設楽原歴史資料館→古戦場跡地で銃弾探し→新東名長篠設楽が原PA下り

ツアーの特徴
・銃弾を見つけるとその銃弾に自分の名前がつく。(〇〇玉)
・新聞に掲載される(20年くらい前に小学生の女の子が見つけている)

新城市設楽原歴史資料館のボランティアガイドの方から、「家の畑で良かったら探してもいいよ」との
返事を頂いています。見つけた銃弾は誰の物になるかは分かりません。

出土玉(新城市設楽原歴史資料館蔵)
出土玉.jpg


高橋玉.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

東三河の温泉街で巾着鶉の展開 [新規事業アイディア]

東三河には、新城市の湯谷温泉、蒲郡市には蒲郡、三谷(みや)、形原(かたはら)、西浦の温泉地があります。
この2つの温泉地に共通するのは、全国的な知名度を誇る名物、観光名所がない事です。
私が提案するのは、温泉街で「巾着鶉」の展開です。

温泉街と言えば「温泉卵」ですが、日本各地の温泉卵は全て鶏卵です。
東三河ならではの卵と言えば「うずらの卵」です。
うずらの卵をゆで卵にして、東三河の特産品「三河木綿」で作った巾着の中に入れた製品が「巾着鶉」となります。
「巾着鶉」は江戸時代に書かれて古文書をルーツとしていて、当時は鳴き声を聞くことを目的とし、巾着の中にうずらを入れて連れ歩いていました。

「巾着鶉」を現代で再現するには温泉街が最適と考えています。
コンペ 完成原画-枠なし.jpg
イラスト制作 林山キネマさん
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

古地図で巡る鳳来寺山 [新規事業アイディア]

江戸時代に描かれた三州鳳来寺絵図という絵があります。
鳳来三州絵図1.jpg
鳳来寺山は江戸時代そのままを姿を残しているので、この絵が現代でも使えます。
寺院の跡は石碑が立っています。
IMG_20170806_082720.jpg
IMG_20170806_082847.jpg
IMG_20170806_081936.jpg
IMG_20170806_081845.jpg


この絵図に出てくる場所を巡りキーワードを集めることで、賞品の在りかが分かるというイベントを行えば面白そうです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

書道体験 [新規事業アイディア]

【事業内容】
東三河の特産品を使用して書道体験
使用書道具
・豊橋筆
・鳳来硯

【顧客ターゲット】
東三河へ訪れた観光客

【事業のメリット】
・東三河の地域資源を活用する事ができる
・筆で文字を書く事は非日常体験となる

【事業の問題点】
・収益をどうやってあげるかが、思いつかない

【毛筆の可能性】
えんぴつで書いた文字は消しゴムで消して書き換えられる。ボールペンもフリクションを使えば書き換えられる。毛筆なら書き換えることはできないので、信頼性を高めることができる。えんぴつやマジックと比べて字の太さを自在に変えられるため、表現の幅が広がる。



【自己評価】5段階
収益性 ★
社会性 ★★★★
実現性 ★
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

帽子の製作・販売 [新規事業アイディア]

【事業内容】
現代風にアレンジした烏帽子(えぼし)の製作・販売

【顧客ターゲット】
・日射病・熱中症・日焼けを防ぎたい人
・ファッションと帽子を身に着ける人

【アイディアを思いついた経緯】
駅前を歩いていると、真夏の炎天下なのに帽子を被る若者が少ないように感じた。
なぜ帽子を被らないかを考えてみた。
・髪型が乱れる
・帽子が荷物になる
・日射病、熱射病を特に気にしていない
・好みの帽子がない
・好きな帽子は高い(帽子は100円ショップで買うことができる)
対照的に高齢の男性はツバ付きの帽子を被っている人が多いように感じる。
ツバ付きの帽子の問題点は、小さく折りたためないためポケットに入らず、そばに置いておいても忘れてしまう事がある。
帽子の需要は間違いなくあります。

国内にはバッグや財布の海外を含め有名ブランドが乱立していますが、帽子の有名ブランドはない。
新しい帽子の条件は
・歴史がある
・機能性に優れる
・新規性がある
・商品価格が安い
・量産性が良い

うずらのゆで卵事業で核としているのは、「うずら」なので鳥に関する帽子はないかなと考えました。
そして、思いついたのが神主さんや、行司の方がかぶっている「烏帽子」です
神主.png

帽子の名前に「鳥」が入っていて、平安貴族が被っていることから歴史もあります。相撲で行司が被っているため、誰もが知っています。普通の帽子とは差別化ができ、新規性もあります。
問題は商品開発です。そのまま烏帽子を作ったのでは、折り畳めないし、ツバもないから帽子としての機能性は劣ります。烏帽子の原形を留めつつ、現代で使えるようにしなければなりません。


【自己評価】5段階
収益性 ★★★
話題性 ★★★★
実現性 ★★
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

リアルモンスターハンター [新規事業アイディア]

事業内容
・観光客が野生の猪を猟銃で撃ち、解体、料理までを体験します。

顧客ターゲット
・猪肉が好きな人
・猟を体験したい人

事業のメリット
・銃を撃つことが体験できる
・猟師不足の解消につながる
・農作物を荒らす害獣被害を減らせる
・一日ですべて体験できないので、宿泊需要を期待できる


デメリット
・資格がない人が銃を持つことが違法
・資格を持たない人が銃を撃つことが違法
・許可されない施設で猪を解体すると違法

【自己評価】5段階
収益性 ★★★
社会性 ★★★★
実現性 -5(違法な点が多い)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

古文書解読サービス [新規事業アイディア]

事業内容
・古文書を解読サービスをネットショップとして開店する。

顧客ターゲット
・論文を作成する大学生・教授
・報道機関(番組・資料作りのため)
・個人の調べもの

事業のメリット
・市場が小さいため、競合業者が少ない
・国立国会図書館で所蔵されている古文書には著作権がない本も存在するため、自由に公開できる
 (現代語訳を出版したり、ホームページや、パンフレットに掲載することも可能)
・古文書の内容から現代の商品開発に生かせる(袋井のふわふわたまごは古文書のレシピを基に復活させた。300年の時を超えて復活!など話題作りにもなる)
・あらゆる古文書を解読し、解説文を作れるようになるまでには10年も必要のため同業者が進出するまでには時間がかかる
・セミナーや勉強会で講師料を得られる
・解読作業は自宅で自分のペースで行える
・仕入れや売れ残りがない

デメリット
・一人前の解読能力をつけるためには10年かかる
・顧客にアプローチができないと仕事が全くない状態が続く

NHK学園こ古文書解読講座というのがありますが、全て修了するには10年以上の歳月と10万円以上の費用が掛かります。
http://www.n-gaku.jp/life/course/4H0.html


自己評価(5段階)
収益性 ★
実現性 ★★
社会性 ★★★
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
前の10件 | - 新規事業アイディア ブログトップ