So-net無料ブログ作成

三河木綿の始まりと現状 [三河木綿]

竹島クラフトセンターで、三河木綿についてお聞きしました。

三河木綿の始まりとされている話
「崑崙人(インド人)が愛知県幡豆郡福地村(現在の西尾市)に綿種を持って漂着した。日本の綿の伝来とされる。」参考文献「類聚国史」「日本後記」西暦799年

・崑崙人は、インド(天竺)から来たという話が一般的ですがベトナム南部だそうです。
ベトナムには、「崑崙」という地域が存在します。
このベトナム南部地域で、日本に伝来した綿の原木を探すプロジェクトがあるとか・・・

・崑崙人が持っていた綿の種は日本の気候に合わず途絶えたという話は大阪の話でして、現在も当時の種が固定種として存在しています。

・三河木綿の定義は「東三河で織られた布」。綿花は外国産を使用していても三河木綿となります。国産の綿花を使った三河木綿はとても少ないです。明治時代でも外国産の綿花に押され、廃業した農家が多数存在したと蒲郡市博物館に書いてありました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。