So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

大麦の水分調整実験 [火縄銃式ポン菓子プロジェクト]

【目標】大麦の水分を15%にする

【加水前】
9.5%

【加水後】
30分後 14.4%
1時間後 13.7%
2時間後 14%

【結論】計算値の分だけ水分が上昇する事が分かった。

P_20171010_230416_HDR.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

三河木綿の始まりと現状 [三河木綿]

竹島クラフトセンターで、三河木綿についてお聞きしました。

三河木綿の始まりとされている話
「崑崙人(インド人)が愛知県幡豆郡福地村(現在の西尾市)に綿種を持って漂着した。日本の綿の伝来とされる。」参考文献「類聚国史」「日本後記」西暦799年

・崑崙人は、インド(天竺)から来たという話が一般的ですがベトナム南部だそうです。
ベトナムには、「崑崙」という地域が存在します。
このベトナム南部地域で、日本に伝来した綿の原木を探すプロジェクトがあるとか・・・

・崑崙人が持っていた綿の種は日本の気候に合わず途絶えたという話は大阪の話でして、現在も当時の種が固定種として存在しています。

・三河木綿の定義は「東三河で織られた布」。綿花は外国産を使用していても三河木綿となります。国産の綿花を使った三河木綿はとても少ないです。明治時代でも外国産の綿花に押され、廃業した農家が多数存在したと蒲郡市博物館に書いてありました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ジョン・ケイの飛び杼 [機械発達史]

18世紀イギリスでの話です。
布を織るためには、よこ糸の巻いてある杼をたて糸の間を通さなければいけません。
当時は両手を交互に使って、杼を投げ入れていました。
杼を通すために二人作業になったり、幅の広い布を織ることはできませんでした。
イギリスのラシャ製造工ジョン・ケイが、ガイドロールで杼を叩いて投げ飛ばすようにしました。
織り始め.jpg

飛び杼が発明されたことにより・・・
・幅の広い布を織れるようになった
・早く布が織れるようになった
・職を失う心配をした職人達が、ケイの家と仕事場が打ち壊す
参考資料 「機械発達史」 1987年初版発行

1分40秒ぐらいから、飛び杼の話になります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

綿繰機 [機械発達史]

糸を紡ぐためには、「棉」を「綿と種」に分ける工程が必要です。
綿と種.jpg
18世紀後半アメリカでのお話です。
①綿花に種子を取り除く作業は黒人奴隷が一つ一つ手で行っていた
生産量 1㎏前後/日

②ホイットニが、綿繰機を製作
生産量 23kg/日

③綿の生産量が増大 
1791年 143ポンド
1800年 3500ポンド
1845年 全世界の生産高の90%がアメリカ産

④南部では多数の黒人が働いていたが、綿の増産をするために黒人の労働は激しくなった

⑤黒人奴隷数 
1800年 85万人
1851年 3200万人

⑥南部の農業生産者と北部の工業製造業者との対立が、南北戦争に発展

【参考資料】「機械発達史」1987年初版発行
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

西浦温泉 [蒲郡の温泉地]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

三谷温泉 [蒲郡の温泉地]

「巾着鶉」を温泉街で展開するための現地調査です。

三谷温泉入り口
三谷温泉入り口.jpg

温泉街っぽい街並み
三谷温泉街.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

形原温泉 [蒲郡の温泉地]

「巾着鶉」を温泉街で展開するための現地調査です。

あじさいで有名な形原温泉です。
形原入り口.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

蒲郡温泉 [蒲郡の温泉地]

「巾着鶉」を温泉街で展開するための現地調査です。

国の天然記念物に指定されている竹島があります。
竹島.jpg
クラフトセンター.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

三河木綿のコースターづくり [三河木綿]

蒲郡の竹島クラフトセンターで、綿花からコースターを作ってきました。
クラフトセンター.jpg

コースター作成手順
①綿花を準備
はぜる.jpg

②綿繰り機で綿と種に分ける
綿繰り.jpg
綿と種.jpg

③綿打ち(ふわふわにする)
綿打ち.jpg

④糸の繊維方向を揃える
繊維方向をそろえる.jpg
繊維方向.jpg

⑤糸を紡ぐ(左手で綿を持っている)
紡ぐ.jpg

⑥コースターを織る
織り始め.jpg

⑦完成
完成.jpg

コースターは1時間コースでしたが、3時間のランチョンマットコースもありました。
岐阜県の高山で体験した「手焼きせんべい」ぐらい楽しかったです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

「シダキュアスギ花粉舌下錠」製造販売承認を取得 [舌下減感作療法]

鳥居薬品株式会社さんが、新たなスギ花粉治療薬を開発しました。
シダトレンは冷蔵保存が必要でしたが、今回の新薬は常温保存が可能で、効果も高くなっています。
自分の花粉症は完治していますが、薬は毎日飲み続けています。
治療を始める前に「3年以上飲み続ける」みたいな誓約書を書いています。
P_20171008_064936_HDR.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -